FIREWORKS

e0145630_15201689.jpg


夏の恒例行事 隅田川の花火に行ってきました

屋形船は風情があって
お座敷でてんぷらとかうなぎとか
上品なお料理なんかが振舞われるのだろうけれど
実は屋根がある分 花火は見にくいんです

それに比べて
毎年お世話になっている漁船!!は

見上げれば360度 空
これがなにより大事なのです♪
ただし雨には勝てません
今年は雨の予報でまずい!と思いきや
かんかん照りの真夏日に
ただし風が強くて
日が沈んでからは最高の船日和!?


そして
花火の発射台が目の前
第一会場の花火も第二会場の花火も両方見れてしまう
という特等席♪

花火好きにとって
こんな贅沢ありゃしません

そんな好条件で
まあ 2万発の花火の素晴らしいことといったら
説明するまでもないでしょうね~



それにしても
人はよく「空」を見上げるものです

7日の七夕の日は
スーパーの前の笹の葉に
通りすぎる人々が
たくさんの短冊を結びつけて

思い思いの願いごとが
夜空に向かって祈られたのだろうし



先日の皆既日食でも

遠く南の離島での
予想外のフィーバーぶりに
日本も捨てたもんじゃないな って思ったり♪


人は肉体が滅びても
魂が空の上の天国に行くと思うからかな…?

土の中には
実際動物とか植物とか
たくさんの命があるのに
地面に向かって手を合わせることはないし?



天国から
人間の作った花火をみると
どんな風に見えるのかな?


ひゅう~
ドッカーン!
しゅわしゅわしゅわ…

繰り返し花開いては消えていく
花火をぼ~と見ながら

夜風とワインのほろ酔いも加わって

とりとめなく 
そんなことを考えていました


そして
頑張って どうにかなることは頑張るけれど
頑張ってみても どうにもならないことには
自然に身をまかせるのもいいかな~
なんてことも

人生 風向き次第 …ということで
でも不発に終わるのは悲しいけれどね!?
[PR]
by taekko-appletree | 2009-07-26 23:54 | 日々のこと
<< 心の花 PINK VASE >>