HOME WORK ~JULY~

e0145630_1452897.jpg


8月に入り
セミの声も高らかに聞こえてきます♪


窪田千紘先生のスタイリング講座 7月の課題は
「グリーン」 or 「晩夏」でした

いつもは
デザイン ストーリー 小物集め…と
産みの苦しみを味わいながらの課題提出ですが
今回はストーリーとイメージが比較的すんなり!

私にとっての「グリーン」は
かつて住んでいたロンドン郊外のガーデンの風景なんです♪

アトリエ「アップルツリー」の
ネーミングのきっかけにもなったりんごの木をはじめ

庭には
お花やたくさんのグリーン、ハーブ、ベリーなどにあふれていました
庭から摘んだベリーでジャムやタルトを作るのは本当に贅沢♪

野生のリスやウサギ キツネまで遊びに来て
まさに
童話のピーターラビットの世界そのものでした


イギリスの夏は湿度が低いので
木陰にはいると真夏でも爽やか

ガーデンにテーブルやチェアをだして
読書やお昼ね
ティータイムは勿論 お食事まで
そう
ず~とガーデンで過ごしたくなるほどでした

でも秋から冬にかけては
どんより重たい季節がやってきて
ガーデンは閉ざされます

そんな季節には
暖炉に火をともして

夏に摘んだ花で
押し花にしたり
ドライフラワーにしてアレンジしたり
という楽しみもありました


そんな懐かしいガーデンの光景を思い描きながら
夢中でスタイリングしました

芍薬やマリーゴールドなどのドライフラワーを
ちょっとアンティーク調のグリーンの花器にアレンジして
バックにはピーターラビットも隠れています♪

雲があってちょっと薄日が差す天気も
ちょっとイギリスっぽさがでたみたい

実は
我が家の狭~いベランダに置いたウッディなテーブルだけれど…
実は
日本の夏は湿度が高くて汗びっしょりだけれど…


「ピーターラビットのガーデンで過ごす午後」が伝わるかしら?
[PR]
by taekko-appletree | 2009-08-04 21:13 | フォト
<< 7TH STYLING LESSON APPAREL >>