VICTORIAN POSY

e0145630_1603687.jpg


前回に引き続きコサージュ
これは
ヴィクトリアン・ポージーというクラシックスタイルのコサージュです

ヴィクトリア時代に野の花をウェディングブーケ用に組んだことから
名づけられたシェイプです

数種の花を
全てワイヤーがけして
中心から種類ごとに5~6厘組んで真ん丸くしていきます

やはり直径は10センチほどあります

そして
胸につけたときになじむように
底面を平らに組んでいくことがポイントです



同じように
ヴィクトリアンポージーに組んだブーケがこちら



e0145630_1551063.jpg


上からみるとラウンド型です

こちらはワイヤーではなく
ブライディーを使っています


さらに

同じラウンド型のブーケ
クラシックスタイルでいけるとこんな感じに


e0145630_1551796.jpg



白いばらと
大人色のトルコキキョウ


これらブーケふたつは
ほどんど同じ花材
しかも
同じシェイプでありながら

まったく違う表情になっています


アレンジの仕上がりは

花材選びと
デザイン次第

その前提にテクニックがあります



今月は
レッスンが少ないので
テクニックの復習をかねて
お花と向き合う時間を楽しんでいます♪


歌舞伎役者さんが言っていました

一度覚えた演目も
何度も繰り返しやらなければ
体は忘れてしまいます、 と


引き出しを増やすことも
大切ですが
時々は
引き出しの中身をきちんと整理することも
必要ですね
[PR]
by taekko-appletree | 2011-08-19 06:44 | ウェディング
<< CLIP BOARD MALMAISON CARNA... >>