WREATH 2011

e0145630_723118.jpg


クリスマリース講習会は生のグリーンを使うことにこだわって
やってきました

毎年その年のクリスマスカラーや
私なりのストーリーにそって
デザインや花材を考えて…

今年は

やはり震災の影響が大で
シンプルなナチュラルリースになりました

震災後
お花の仕事にもいろいろ影響がありました

イベントが次々中止になり
アレンジメントのクラスもひとつなくなりました

たしかに
「お花では食べられません」

その言葉はショックだったけれど
いろいろ考える機会となりました

今年のリースも

華美な装飾や
上辺飾りの技術に頼らずに
そのもの本来の意味に立ち返って
いろいろそぎ落としたシンプルなものになりました

ただし
作り方はいつもと違う方法をご紹介しました


生徒さんには
これにさらに赤いバラをプラスしていただきました

永遠の象徴である常緑樹のグリーンと
命の象徴である赤
富の象徴であるゴールド
のクリスマスカラーです


生徒さんがお庭からもってきてくださった
まつぼっくりは使いたい放題
前回ご紹介した生の姫りんご可愛い♪


今年も
こうしてたくさんの方と一緒に
楽しくレッスンできることに感謝

いつもに増して
感謝と願いがたくさんこもったリースになった気がします
[PR]
by taekko-appletree | 2011-12-21 07:39 | レッスン・イベント
<< PINECONE 街はぴ >>