手編みのストール

e0145630_14181520.jpg


お友達のKちゃんが
シルクのストールをたくさんもってきました

わあ
どれもナチュラルな色あいで
素敵!



話しを聞いてみると

Kちゃんのお友達で
ウガンダに駐在していた方が持ち帰ったもの



アフリカでは
海外協力のために現地に渡り
志ざし高く活動している日本人の女性が
たくさんいるそうです


これは
現地の女性たちに
ウガンダで生産したオーガニックシルクを
天然の草木で染めて
かぎ針で編む技術を教えて

このように製品にしあげたものだそうです


ここまでの道のりには
どれだけの
時間とエネルギーが費やされているのでしょう


でも指導者の日本人は
任期を終えると
日本への帰国を余儀なくされます


Kちゃんのお友達は
これまでの努力と
現地の女性たちのモチベーションを
無駄にしたくない
なんとか継続できないものか

との思いで
帰国の際スーツケース一杯につめこんで
Kちゃんに託したというわけです


e0145630_1426029.jpg


コーヒーとか
ローズマリーとか
自然のハーブで染めた色あいは
とってもナチュラル
これからの季節にぴったりです


編み模様のデザインも
シンプルなものあり複雑な模様あり
ひとつひとつ違って
ふたつと同じものはありませんし
大量生産もできません

e0145630_14254664.jpg


アグネスさん
ジェシカさん
メアリーさん
編んだ人の名前も書いてあって

なんだかあったか~い

現地の女性たちや
志高い日本人の女性たちの
思いを感じて

行ったこののない
ウガンダの景色が
広がる気がします


日本で買ったらお高いシルクのストール
なんと
2800円で協力することになりました

一日50円もあれば
生活できるというのですから

そこから
生産者の材料費と工賃をさしひいた残りは
チャリティーとして寄付し
役立ててもらうことができます


少しでも支援につながれば と
Kちゃんからいくつか引き受けて
周りの人に話したら
なんと
あっという間に在庫が2つになってしまい

また追加を頼んだところです


涼しくなって
ちょっと首に巻きたくなる季節
オシャレが支援につながれば
一石二鳥です


ご興味のある方は
アトリエまたは

行きつけのブティックKimico パ・シェールさんも
100%チャリティーで快くお店に
置いて下さっていますので
たずねてみてください→ブログはこちら






























          
[PR]
by taekko-appletree | 2013-10-05 13:11 | 日々のこと
<< ハロウィンのアレンジメント ピンクの呼吸 >>