GRADUATION

e0145630_12145363.jpg

        娘の卒業式に
        何を着ようか決められないまま作っていたら
        コサージュがたくさん出来上がりました

        コサージュというとなんとなく古めかしい定番イメージがあるけれど
        今またブーム再来で
        ジーンズとカジュアルなジャケットスタイルに とか
        布の可愛いバッグに とか
        そんな風につけるのがはやりみたいです

        実際式典でもやっぱりスーツにコサージュ姿を多く目にしました

        コサージュほどつけかたのむずかしいアクセサリーはないように思います
        ちょっとまちがえるとやっぱり古いイメージになってしまうから
        それだけ存在感があるってことです

        ポイントはまずは色
        スーツやワンピースが柄物ならそのうちの一色をとること
        唐突なのはいけません
        単色なら
        同系色か まったく反対色でインパクトをつけるのもありです

        つける位置も重要です
        低い位置つけると寸胴で野暮ったい感じになってしまいます
        胸の高い位置に
        コサージュの花の向きをよくみて
        欲を言えば ご自分の顔の輪郭とか肩のラインにあわせて
        つければ 顔の印象が華やかになっておしゃれです

        結局
        私は羽をちょっとあしらったブラックのコサージュを胸に
  
        すっかり涙腺の弱くなった母たちをよそに
        18歳のエネルギーと笑顔ははじけとんでいました
        若者よ!雑草のようにたくましく!花のように華やかに!
        っておやじっぽい?!

        これらのコサージュは千歳烏山のブティック「Kimico パ・シェール」さんにて
        販売しております
[PR]
by taekko-appletree | 2008-03-25 23:59 | 日々のこと
<< WHITE DOOR EASTER >>