とっておきのイギリス

大宮パレスホテルでの展示会無事おわりました

たくさんの方が足を運んでくださり
感謝です
ほんとひとときでも
「イギリス」を
「月日の流れ」を
感じていただけたら嬉しく思います


今回のテーマは
スクールがロンドンでスタートして25年を記念して
メンバーそれぞれが持つ
『とっておきのイギリス』のイメージを花で彩るということ

英国風のフラワーアレンジメントを学べるスクールは数あれど
ロンドンで生まれ
英国在住経験のあるインストラクターでなりたち
いまなおロンドンでもつづいているというスクールは
そんなにはないのでは…と
改めて
誇りを感じるチャンスとなり
これからも伝えていきたい
デザインしていきたい
という気持ちの再スタートになりました!


校長のTaeko Marvellyは
25年の月日をテムズ川の流れにみたて…

会場の中心には
「人」や「花」との出会いを…

「アフタヌーンティー」や「暖炉のある家」など
イギリスでの暮らしをテーマに…


そして私は4人チームで
イギリスの「四季」をアレンジしました
その一部をご紹介します


e0145630_107371.jpg
春~Spring has come~
春は芽吹きの季節、
長くて暗いイギリスの冬がおわると
黄色の花たちが春の喜びを運んできます
庭に出て 大好きなガーデニングもスタートです



e0145630_1071521.jpg
夏~Lake District~
緑あふれた湖水地方をイメージした作品
水辺に咲くさりげない花たちに
心も体も癒されます


e0145630_10135981.jpg
秋~Romantic Season~
街は黄色やオレンジに色づき
絵画の中にいるような
そんなロマンチックな景色に包まれます




そして私の作品は
冬 ~Happy Christmas~ と題して…

ロンドンで生活して
「冬」のイメージって
暗い…重い…というのが
正直なところだったんです

華やかに飾られた街のクリスマスのイルミネーション
とうらはらに
毎日つづくどんよりとグレイな空のイギリスの冬の閉塞感…
住んだ者にしかわからない負の一面かもしれません
あえて それを表現しようと思いました
e0145630_10201134.jpg

でも
家の中では
暖炉の火がぱちぱちと燃え盛り
クリスマスに向けて
天井まで届くツリーに飾り付けをしたり
リースやガーランドをつくって楽しんだり
そしてクリスマスには
ご馳走を囲んで
家族や親しい友人との本当に楽しいひとときがあります

楽しいことも 辛いことも
さまざまな思い出がよみがえり
月日の流れをたどりながら

そのイメージを
花に托しました

その他の作品は是非スクールのHPをご覧下さい
[PR]
by taekko-appletree | 2008-05-19 10:34 | レッスン・イベント
<< SALT CRYSTAL ... 展示会のお知らせ >>