ホーカス・ボーカス

花の仕事でなにより大切なのは
‘仕入れ’
だと思っています

いくら技術があっても
主役の花がきれいでなければ
良い作品とはいえません

自分の目で見て
鮮度とか
色とか
納得した上で揃えたいのです

アレンジメントのレッスンでは
その季節の旬の花材を取り入れること
前回のレッスンと同じ色あいにならないこと
メインに使う花
バラとかユリとかガーベラ等が重ならないこと

に特に気をつかいながら…

と言いながら
実は
出会った瞬間の直感で決めてしまうことが多いんです

あれこれ悩んで揃えたときよりも
断然面白いとりあわせになったりもします
e0145630_13155273.jpg


今日ひとめぼれしたのは
「ミニスカート」というネーミングの超可愛いガーベラ

まりものような真ん丸い花芯が
思わず触ってみたくなくような感触で
そこに
オレンジレッドの花びらが
まさにミニスカートみたいについています

別名「ホーカス・ボーカス」
女優サラ・ジェシカ・パーカーの映画に
そんなタイトルがあったような…?

メインは
ひまわりにしようと決めていたので
さらに
ライムグリーンがやさしい夏らしいアワもゲット

素敵なわき役たちがそろった時
どんな作品ができるかしら?と
自分でもわくわくしてきます

さあ~て
主演をひきたてる
名助演たちの演技の光る作品に
仕上がるかな?
[PR]
by taekko-appletree | 2008-06-27 09:43 | 日々のこと
<< GOGH 紫陽花 >>