「ほっ」と。キャンペーン

ほんの気持ち?

e0145630_19435757.jpg


時々まとめて
ギフトのオーダーをしてくださる方がいます

お世話になった方に…
ご病気なので…
ワンちゃんが死んで元気がないの…

その理由はそれぞれ かつ さまざま

お花が一番喜ばれるの
と嬉しい一言です

日本では
本当に「物」がよく行きかうと感じます

季節のご挨拶と称する
お中元お歳暮のたぐいも健在だし

ちょっとしたお礼とか
お詫びとか
気持ちを「物」に托します


海外では贈り物は
主にクリスマスとバースデーだけ

ディナーに招待されたりすると
ワインや花束をもって行ったりしますが

お礼はすべてカードです

ロンドンでまず驚いたのは
カード専門店の多さでした
店中が全てカードなんです

バースデーやウェディングの定番はもちろん
Thank you
退院祝い
合格祝い
お悔やみ

ご機嫌いかが?とか
ハッピーリタイアなんていうものまで
ヴァリエーションいろいろです

カードには目的別に
すでにメッセージが印刷されていて

自分の目的や気持ちに一番あったメッセージはどれか
じっくり読んで選ぶわけです

気持ちを表す「言葉」をとても大切にします


どちらがどうというのではなく
国民性の違いなのです

日本人特有の
「つまらないものですが」
「ほんの気持ちだけですが」

も欧米人には
理解できない謙譲の美徳です


だれかを想って
気持ちを托す
という行為は同じでも

気持ちを伝えるというのは
いつ
どうやって 
がとてもむずかしいな

だからこそ
ギフトを作るときは
ご依頼主の「気持ち」が
ちゃんと伝わるような「物」を作らなければ と
よくばりなことを思います
[PR]
by taekko-appletree | 2008-09-26 08:30 | プリザーブドフラワー
<< DADDY 無花果 >>